ネットとホラーと金儲け

フリーのWEBプロデューサーです。超絶浪費家です。常に一発逆転を狙っています。


iPhone7のイヤフォン問題は解決できるのか?

iphone7_earphonepic

今回、新しく発売されるiPhone7には、従来のイヤホンを接続する端子がありません。

え、マジ?って思うかも知れませんが、本当にありません。

これは発売される前からリークされていた情報でした。

 

iPhone7の底面には内臓のマイクとスピーカー、それとLightningコネクタのみです。

では、iPhone7でイヤホンを使いたい時は一体どうするのか?

安心してください。

もちろん、ちゃんとApple純正のイヤフォンが付いています。

ただし端子の形がLightningケーブルと同じですが…

 

イヤフォンを使ってiPhone7で音楽を聞く場合

感の良い人なら分かったかも知れませんが、iPhone7に付属しているイヤフォンの端子はLightningの形状です。

そして充電するLightningコネクタに新しいイヤフォンの端子を差し込んで音楽を聴きます。

じゃ、充電はどうすんの?となるのですが、充電も同じLightningコネクタに充電用のケーブルを差し込みます。

 

そう!そこなんです。

イヤフォン使いながら充電するにはどうするの?って事になるんですよね。

これって不親切!って思ったはぼくだけでは無いはず。

 

でも方法が無い訳じゃありません。

何通りかあるのでご紹介しましょう。

 

Lightningケーブルのイヤフォンを使う

まずは絶対に付属のLightningケーブルのイヤフォンを使いたい人向けです。

もう、ミーハーなんだから!

 

イヤフォン使っている時は充電しない

これが普通の状態ですね。逆に充電している時はイヤフォンは使わない。

だってLightningのコネクタが一箇所しかないんですもの。

どちらかを使っている時は、どちらかを我慢しましょう。

 

Lightningコネクタが二股になっているヤツは無いの?

普通はそう考えますよね。

Lightningコネクタが二股になっているヤツは無いのか?って。

コンセントのタップみなたいなやつ。

あるんですよ。Lightningコネクタの二股が。

これを使えば、充電しながらiPhone7に付属のイヤフォンが使えます。

 

しかし問題は、日本ではまだ発売されていない事。

こちらのサイトから購入できるようですが、未だ日本語と英語が混在するページになっています。

Lightning Audio + Charge RockStar™
Belkin Lightning Audio + Charge RockStar™. Listen to Lightning Audio while charging your iPhone 7 and iPhone 7 Plus.

お値段は4,000円前後のようです。

 

今までのイヤフォンを使いたい

もちろん、そんな需要もあるでしょう。

数万円もするイヤフォンを持っているなら、絶対にそれを使いたいですよね。

そんな時はこんな方法があります。

 

 iPhoneのドックを使う

充電しながら、今までのイヤフォンを使いたい。

そんな時は、iPhoneのLightningドックを使ってください。

iPhone Lightning Dock - ホワイト - Apple(日本)
iPhone Lightning Dockを使えば、iPhoneの充電、MacやWindowsパソコンとのシンクが簡単になります。オンラインで購入すると送料は無料です。

このLightningドックには、充電する為のLightningコネクタと従来のイヤフォン端子が付いています。

従来イヤフォン端子とは、3.5mmプラグですよ。

ですから、iPhone7付属しているLigtningコネクタのイヤフォンは使えません。

 

しかしここで問題が発生。

ドックですから、iPhoneは置いたままになります。

iPhoneを手で持って操作したり、外で使用するにはちょっと不向きです。

ちなみにお値段、4,200円。

 

手に持って操作しながら充電して、音楽も聴きたい

わがままを発揮しているような感じもしますが、でも本当はこれが一番したいはずです。

しかし!今の段階では、これが出来ないんですね。

残念です。

 

ただ、以前の3.5mm端子のイヤフォンは問題なく使えます。

iPhone7に「Lightning-3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」が同梱されているようです。

これを使えば従来のイヤフォンは使えるのですが、充電しながら…という訳にはいきません。

これが最大のネックでした。

 

その他の方法

他にも、こんな方法で音楽を聴くことができます。

 

AirPodsを使う

多分、Appleとしてはこれがド本命なのでしょう。

だからiPhone7のイヤフォン端子を無くしたんだと思います。

ワイヤレスイヤフォンのAirPodsです。

 

このAirPodsはBluetoothでiPhoneと接続できるので、iPhoneが充電中でもこのイヤフォンで音楽を聴くことができます。

またワイヤレスなのでケーブルが邪魔にもなりません。

さらにSiriを呼び出したり、耳に付けているか外しているなどの感知、モーションセンサーなど、出来る事はたくさんあるようなのです。

価格は、どうやら16,800円。

iPhone7を購入した上に、まだ16,800円ですか…お金持ちの人が羨ましい。

 

じゃBluetoothのイヤフォンで良いんじゃない?

AirPodsがBluetoothで接続しているのなら、他のBluetoothのイヤフォンでも良いでしょう。

どうやらBluetoothのイヤフォンにすればすべて解決しそうです。

充電しながら音楽聞くなんて楽勝ですよ。Bluetootのイヤフォンならね。

 

さて、Lightningコネクタが二股になっている物やLightningドックなどは4,000円~5,000円ほどするようです。

AirPodsに関しては、16,800円。

もしも4,000円以下でBluetoothのイヤフォンが探せたら最高ですね。

 

という訳で探してみました。

多分、これが最安値じゃないのかな?

Tenswallのカナル型 防汗使用 APTX対応で…、1,519円!

Tenswall Bluetooth 4.0 イヤホン カナル型 防汗仕様 APTX対応 レッド

まぁ、音質重視の人はダメでしょうけど、音が聞こえれば何でも良いよっていうタイプならこれで全然OKだと思います。

ぼくも全然OKです。

Tenswall Bluetooth 4.0 イヤホン カナル型 防汗仕様 APTX対応 レッド

あら、ヤダ。こんな感じだと意外とおしゃれ!でも、ちょっと大きいのかな…

しかし4,000円も出せば、結構いろいろあったので個人的にBluetootのイヤフォンが欲しくなっちゃいました。(笑)

bluetoothのイヤホンはこちら

 

 

さて、iPhone7にはいろいろな新技術が使われているようですが、このイヤフォン問題はちょっとやり過ぎのような気がします。

Appleってこんな事よくやるんですよね。

急に今までの規格を変更したり、新しい規格にして古い規格をバッサリ切ったり。

しかもどんな回避方法を探しても、結局はお金が掛かるじゃないですか!

そもそものiPhoneが高いんだから、これ以上ユーザーに負担掛けないで欲しいと思いますね。

 

さて今後、この問題がどうなっていくのか、じっくりと見守っていくことにしましょう。

 

※ブログランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

-スマホ・SIMフリーなど

おすすめ記事

子供の身長があるきっかけでグングン伸びた! 1
子供の身長がグングン伸びた!そのきっかけとは…

え~、何を隠そう、ぼくの身長は190cmを超えています。 体重は90kgほどあり ...

格安SIMのLINEモバイルでスマホの料金を安くする! 2
格安SIMのLINEモバイルでスマホの料金を安くする!

LINEからスマホの格安SIMが発売されているのをご存じでしょうか? ほとんどの ...

Amazon ビデオ 映画 3
Netflix、hulu、dTV、Amazonビデオをテレビで観るならコレだ!

最近はレンタルビデオに行くことが無くなりました。 レンタルビデオ?レンタルDVD ...

4
Moto G4 Plusは2枚のSIMが差せるオススメSIMフリースマホ

今使っているiPhone5sのバッテリーがかなりの勢いでヘタってきています。 一 ...